杉沢薬品株式会社 > Real Health News > 腸管免疫

腸管免疫

腸管には全免疫細胞の6割が集まっている

明らかにされてきた多糖体の持つ役割

 腸は栄養器官であると同時に、免疫機構を司る器官として、今たいへん注目を浴びています。
 ガンやアトピー、アレルギー症状などの生活習慣病の改善に、腸管免疫の活性が重要であることが分かってきたからです。体外からの栄養を吸収する腸管では、その一方でたくさんの外敵=病原体にさらされます。そこで腸管では栄養を吸収すると同時に、活発な免疫活動で病原体を排除しています。そのため、腸管には全免疫細胞の6割が集まっていると考えられています。活発な腸管免疫細胞では、ガン細胞を攻撃するNK細胞やマクロファージがどんどん生まれ全身を巡回します。しかし、弱った腸管免疫細胞では十分にこれらの細胞を生み出すことができず、ガン細胞や病原体に、つけいるスキを与えてしまうのです。
 この腸管免疫細胞を活性化させる物質が、最新の研究で明らかになってきました。それが多糖体です。

 

高含有多糖体

 多糖体は人体にはほとんど吸収されません。しかし、一部が腸壁から取り込まれ、腸管内のリンパ組織である「パイエル板」を刺激します。すると「パイエル板」はインターロイキン18をつくりだし、NK細胞やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させることが分かってきました。
 腸内環境に多糖体をいかに多く取り込むかが、免疫活性にとって重要かがお分かりいただけるでしょう。

 

Real Health News

日本商工会議所会頭賞受賞!
東北IT経営実践オピニオンリーダー賞受賞!
日本抗加齢医学会 認定指導士

健康オンラインストア


健康をテーマにしたオンラインストアです
オンラインストアへ

ページトップへ戻る

答えはこちら