杉沢薬品株式会社 > Real Health News > ローヤルゼリー 02

ローヤルゼリー 02

アンチエイジングの切り札!ローヤルゼリー!

女王蜂のスペシャルメニュー

 古代中国では、若返りを約束する秘薬「王乳」として、また、中世ヨーロッパでは、不老長寿のクスリと謳われ珍重されてきたのがローヤルゼリーです。
  ローヤルゼリーは、生後21日前後の若い働き蜂が体内で生成、頭部から分泌する乳白色のゼリー状の物質。よく混同されがちですが、花の蜜を集めた「蜂蜜」とはまったく異なるものです。
 卵から生まれたすべての蜂の子は、最初の2、3日のうちはミルクのように、このローヤルゼリーを食べます。しかしその後、なかでも大きく強い幼虫だけが特別に選ばれ、ローヤルゼリーだけを一生食べる女王蜂へと成長するのです。その結果、女王蜂は遺伝子のまったく同じ働き蜂の2〜3倍の大きさになり、生涯に何十万個という卵を産みつづけます。そして寿命も、働き蜂が数ヶ月なのに対し、3〜5年という長さになります。
  普通の蜂の赤ちゃんを、女王蜂という特別な存在にしてしまうローヤルゼリー。その「アンチエイジング」の作用はどこから来るのでしょうか

 

鍵はデセン酸と類パロチン

 ローヤルゼリーは、良質なタンパク質や糖質、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル類など、40種を越す栄養成分を含んだ、まさに完全栄養食品です。
 そのスーパーパワーについてはまだまだ謎が多いのです。しかし、最近の研究で解明されたのが、ローヤルゼリーには、『デセン酸』(10-ハイドロキシ-δ-2デセン酸)という物質が含まれるということ。この物質は、自然界にはローヤルゼリーにしか存在を確認されていないもの。ローヤルゼリーの多くのパワーは、この『デセン酸』によるものと考えられているのです。

 また、ローヤルゼリーには、人の唾液腺ホルモン「パロチン」に似た、『類パロチン』が大量に含まれています。「パロチン」は若返りホルモンとも呼ばれています。「パロチン」は、25歳ごろから体内での分泌量が低下していきますが、それによって各組織の老化がはじまるともいわれています。
  ローヤルゼリーの含有成分で、もう一つ注目するべきものに、神経伝達物質『アセチルコリン』があります。それで、現在『アセチルコリン』による痴呆予防の研究も進められているのです。
  健康増進の食品として高い人気と実績を誇るローヤルゼリーですが、「アンチエイジング」の視点からも、その存在は今後ますます注目されることになるでしょう。

 

Real Health News

日本商工会議所会頭賞受賞!
東北IT経営実践オピニオンリーダー賞受賞!
日本抗加齢医学会 認定指導士

健康オンラインストア


健康をテーマにしたオンラインストアです
オンラインストアへ

ページトップへ戻る

答えはこちら