杉沢薬品株式会社 > 会社情報 > 置き薬サービスについて

置き薬サービスについて

カンタン便利で安心のシステム。置き薬(配置販売)サービスについてご紹介いたします。

杉沢薬品の置き薬サービスについて

設置はカンタン!
置くだけ無料

入会金や契約料、年会費などは一切かかりません。まずは、お客さまに合った医薬品セットを貸与し、お薬をご利用なさって初めて代金をお支払いいただきます。「こんなに便利でいいの?」という、置き薬システムです。

 

使った分だけの
お支払い!

定期的またはお客さまが指定する日時に営業担当が訪問し、お客さま立ち会いのもとで、ご利用いただいた分を計算します。あくまでも、ご利用分だけのご請求ですから安心です。

PB商品・健康食品も
充実!

お届けするお薬や商品はバリエーションも豊富です。当社が企画・開発するプライベート商品から健康食品まで、たくさんの商品の中からお選びいただき、お客さまが本当に必要とする医薬品セットを貸与します。

 

定期訪問で
いつでも新鮮!

使わなくて古くなってしまったお薬も有効期限内にすべて新しいお薬と無償で交換します。病気や怪我が無く、皆さまが健康でいられることは何よりですが、もしものためにいつでも新しいお薬をお届けしています。

健康情報を
お届け!

知識と経験豊富な当社の営業担当が、定期的に健康情報や季節ごとの健康アドバイスをお薬と一緒にお届けに参ります。ご家庭の健康コンサルタントとしても地域の皆さまに頼りにされています。

 

お客さまサポートも
万全!

お客さまからの健康相談やお問い合わせは、薬剤師または登録販売者が対応しますので、いつでも安心してご利用いただけます。健康に関すること、医薬品に関すること、何でもお気軽にご連絡ください。

なるほど納得!FAQ

Q 入会金や年会費はかかるの? FAQ
Q 料金が発生する場合はいつなの?
Q お薬の有効期限が切れた場合はどうなるの?
Q お薬箱が汚れたり、壊れた時の交換には料金がかかるの?
Q 営業担当の配達・訪問には料金がかかるの?
Q 営業担当はどれくらいの頻度で来てくれるの?
Q お薬がなくなったらどうしたらいいの?
Q 健康に関する相談ができるの?






Q 入会金や年会費はかかるの?
A 入会金や契約料、年会費などは一切かかりません。まずは、お客さまに合った医薬品セットを貸与し、お薬をご利用なさってから初めて代金をお支払いいただきます。
ページトップへ戻る
Q  料金が発生する場合はいつなの?
A お薬をご利用なさった場合のみ発生いたします。お客様がご利用なさったお薬の料金のみをお支払い頂きます。また、お支払はお客様のご都合に合わせることが可能ですので、お気軽にご相談ください。
ページトップへ戻る
Q お薬の有効期限が切れた場合はどうなるの?
A お薬の有効期限が切れた場合は、無料で新しいお薬と交換致しますのでご安心ください。
ページトップへ戻る
Q お薬箱が汚れたり、壊れた時の交換には料金がかかるの?
A お薬箱の交換は無料です。お薬箱が汚れたり、壊れたときには無料で交換します。
ページトップへ戻る
Q 営業担当の配達・訪問には料金がかかるの?
A 営業担当の配達・訪問は無料です。
ページトップへ戻る
Q 営業担当はどれくらいの頻度で来てくれるの?
A お客様のご都合に合わせて1〜3ヶ月に1度訪問致します。
ページトップへ戻る
Q お薬がなくなったらどうしたらいいの?
A 訪問した際に、必要なお薬を補充致します。
お薬の追加をご希望の場合は、お電話等でご注文頂ければ随時お届け致します。
ページトップへ戻る
Q 健康に関する相談ができるの?
A 当社には薬剤師・登録販売者が在籍しております。特に営業担当は各都道府県知事から、医薬品の配置販売に関する証明書の交付を受けております。お気軽にお問い合わせください。
ページトップへ戻る

置き薬(配置販売)の歴史

今から300年以上昔の江戸時代、富山十万石の二代目藩主・前田正甫(まえだ まさとし)公は、質実剛健を尊び自らも薬を調合する名君でした。元禄3年(1690年)、江戸城内で腹痛に苦しむ福島県岩代三春の藩主に、印籠から自藩の『反魂丹(はんこんたん)』を取り出し服用させたところ、痛みが治まり、それを見た諸国の大名たちはその薬効に驚き、自分たちの領内で販売するように求めました。富山のくすりが一躍有名になった事件です。

正甫公は、松井屋源右衛門に調剤を命じ、八重崎屋源六に行商をさせたといわれています。殖産興業の施策を打ち出す中、製薬技術の振興と売薬行商人の育成を図り、全国各地に売り広めることを奨励したのが配置薬販売の始まりとされています。

広く一般に医療や医薬品の供給が普及浸透していない時代にあって、地域の人々の病気治療や健康維持に大きな役割を果たしてきました。医療負担の増加、進む高齢化など予防医療が必要とされている現代こそ、置き薬販売システムの必要性が高まってきています。

会社情報

日本商工会議所会頭賞受賞!
東北IT経営実践オピニオンリーダー賞受賞!
日本抗加齢医学会 認定指導士

健康オンラインストア


健康をテーマにしたオンラインストアです
オンラインストアへ

ページトップへ戻る

答えはこちら