杉沢薬品株式会社 > 会社情報 > 代表メッセージ

代表メッセージ

代表取締役 喜多 恒夫我が国の平均寿命は、世界でも最高水準に達しています。しかしながら、急速な高齢化が進む中で、疾病構造が変化し、ガン、心筋梗塞、脳血管疾患、糖尿病、歯周病などの生活習慣病の増加や、これに伴う要介護状態に至る割合の増加が深刻な社会問題となっています。

厚生労働省がまとめた「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」においては、健康増進対策について次のように解説しています。

健康増進(Health Promotion)の考え方は、もともと1946年にWHO(世界保健機関)が提唱した「健康とは単に病気でない、虚弱でないというのみならず、身体的、精神的そして社会的に完全に良好な状態を指す」という健康の定義から出発しています。その後、1970年代になると、健康増進は、疾病とは対比した理想的な状態、すなわち健康を想定し、それを更に増強することを意味する概念的な定義がなされ(ラロンド報告)、また、米国の Healthy People で応用された際には、個人の生活習慣の改善を意味し ています。そして、1980年代以降、健康増進はもう一度捉えなおされ、個人の生活習慣の改善だけでなく、環境の整備を合わせたものとして改めて提唱されました(ヘルシーシティ)。このように、健康増進という考え方は時代によって内容が変遷してきたといえるのです。

我が国の健康増進施策は、昭和53年から第1次国民健康づくり対策が始まり、昭和63年からは第2次国民健康づくり対策(アクティブ80ヘルスプラン)、そして平成12年からは第3次国民健康づくり対策(健康日本21)と進められてきました。このたびの「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針」の全部改正を受け、平成25年度から、新たな健康づくり対策として、「健康日本21(第2次)」が実施されることになりました。

私たちは、「健康長寿21」を企業ビジョンに掲げ、我が国が推進する「健康日本21(第2次)」を支援し、国民の健康の維持増進に努めて参りたいと考えます。特に 私たちの営業拠点である東北地方は、気候 や交通の便、医療サービスの質と量、平均寿命、最高齢者の出身県、何れをとっても全国レベルでは決して高水準であるとは言い難いのが現状です。

しかし、私たちの事業活動を推進し発展させることによって、日本で最も「健康長寿な東北地方」の実現が可能であると考えます。東北地方から日本最高齢者を創出し、平均寿命において国内高水準である日本一「健康長寿な東北地方」の実現を目指します。

家族が高齢になった時、誰もが願うこと。それは「祖父母、両親に健康で長生きして欲しい」「家族みんなが健康で末永く幸せに暮らしたい」。私たちにとって最高の幸せは家族が健康で長生きできること。そんなお客様の願い「健康長寿」を実現する企業を目指して参ります。


代表取締役 喜多 恒夫

会社情報

日本商工会議所会頭賞受賞!
東北IT経営実践オピニオンリーダー賞受賞!
日本抗加齢医学会 認定指導士

健康オンラインストア


健康をテーマにしたオンラインストアです
オンラインストアへ

ページトップへ戻る

答えはこちら